読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイキャスなう

ツイキャス、ニコ生、youtube等配信サイトの気になる情報をピックアップしていきます

“ツイキャスなう"

ニコ生のチャンネルをBANされたよっさんがふわっちへ

f:id:niconicoinfo:20170310225601j:plain

ニコニコチャンネルが運営により閉鎖されたよっさんが放送にて今後の動向を語った。

 

今回のチャンネル閉鎖によって配信を通しての収入を得られなくなったよっさんだが、今後はふわっちを拠点に活動するとのことだ。

ただしニコ生でもユーザー生放送では継続して放送はするようだ。

よっさんのチャンネルの運営に実質的に携わっている菅原という人物は今回の放送についてはAbemaTVやふわっちでしてほしいとよっさんに対して指示していた。

菅原氏は今回の放送によりトラフィック(アクセス数)がニコニコに流れてしまうことを懸念してそのような指示を出したようだが、一体どういう目線の指示なのかが謎だがどこかのストリーミングサイトの運営でもしているのだろうか。

そもそもニコニコチャンネルを失ってしまったよっさんにとって菅原氏と共に活動をしていくメリットはあるのかという点に疑問を持たざるを得ない。

菅原氏は立ち位置的にはプロデューサーという立ち位置だとは思うが、会社を立ち上げてからというもののニコニコやAmebaのチャンネルを取得した以外にはよっさんの番組出演や広告などにおいての効果的なプロデュースができてないように思える。

たしかによっさんを出演させる番組を見つけるのは困難だろうが、それができないのであればあまり共同で経営するメリットがよっさん側としては見当たらないように思える。

今回よっさんは菅原氏より今までどおり代表取締役として共同経営していくか、代表取締役を辞めて個人として収益をあげるかの2つの道を提示されてよっさん自身が菅原氏と共同で経営していく道を選んだようだが、ペーパーカンパニーの代表取締役というなんの価値もない肩書きにそこまでこだわる理由はなんなのだろうか。

よっさんはこの放送でNERへの荒らし誘導によりまたもやBANとなり、初のふわっち放送では黒之へ虐待をおこなった。

f:id:niconicoinfo:20170311125056p:plain


▼合わせて読みたい関連記事

▼よっさんのふわっち